日本大学大学院 芸術学研究科 映像芸術専攻

映像芸術専攻紹介
カリキュラム案内
教員紹介
学生(作品)紹介
論文
論文

■映像芸術専攻修了者修士論文・作品・制作一覧


平成6年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
内山高夫 写真 海心象
【副論文】オリジナルプリントを考える
 
野嵜雄一 写真 Tokyo Perspective Landscape/東京の透視図
製作にあたり透視図の視覚的意義の考察
 
吉澤泰輝 映画 メロドラマ映画のジャンルの規則と社会的イデオロギー
「ステラ・ダムス」の分析
 
土肥咲美 放送 高齢者とテレビの関係 −その価値観とテレビの見方について− 湯川制賞受賞
奥野邦利 映画 日影の間
【副論文】記録と記憶の狭間で
 
吉澤昌彦 写真 みえなくても、さわれなくても、たしかにそれはある
【副論文】超越の知のありようと、芸術および映像について
 
蘇 明姫 写真 カラーネガフィルムのインターイメージ効果と階調再現性に関する考察  
林 華子 写真 日本写真芸術における福原信三の位置  
秋葉隆行 映画 WOODS
【副論文】パーソナルマルチメディアを考える
 
映画 放送メディアのパイオニアーテレビ
【副論文】中国のテレビ事業について考察する
 
Patrick Ratanayaka 映画 日本四季と日本人の心
【副論文】スリランカ映画における女性像
 
濱田益水 写真 写真家 イモージュン・カニンガムについての一考察  
映画 永遠なる時間の映像 −〈子供〉像から見た小津作品の世界−  
齋藤裕人 映画 文箱
【副論文】映画の「物語」に関する考察
 
米澤麻子 写真 シンディー・ジャーマンと「コンストラクテッド・フォト」についての考察  
ページトップへ


平成7年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
映画 青いとり  
五十嵐智一 写真 銀塩写真と電子画像処理システム未来像  
秋元貴美子 写真 広告写真表現にみる社会 −1970年から1990年の広告写真−  
米田里香 写真 The little nothings of life  
大川邦彦 写真 こころ  
映画 ヌーヴェル・ヴァーグ断層(試論)
/或いはタチ・ベッケル・ブレッソンにおけるイメージの変容
 
池田千波 映画 90年代のアメリカ映画におけるアジア人女性について  
中町綾子 放送 岩井ドラマ7作品の映像と音声とストーリー・その相関  
三橋 純 写真 近代化社会と写真 −社会に於ける写真の客観性と主観性−  
関口 収 写真 細江英公写真集「鎌鼬」私論  
前田明子 放送 視覚障害者とテレビからの情報  
高山茂樹 映画 じぐざぐワルツ 湯川制賞受賞
澤本慶子 映画 ゾートロープ制作とそれに基づく実験論文
視覚の遊戯性についての考察 −動画の装置性とイメージ表現−
 
遠藤友昭 放送 テレビ報道における政治改革
−テレビは「政治改革」をどうとらえたか−
 
柏崎秀実 写真 「ご近所の人たち」ポートレート  
李 殷承 放送 韓国人に受け入れられる可能性のある大阪型CMの研究  
飯塚 恵 映画 ビデオ日記  
手塚直美 映画 映画における笑い  
安藤祐之 放送 映画理論のこころみと可能性
「ウディ・アレンの映画」のディスクール
 
伊藤義将 映画 FIVE FREAKISH FELLOWS  
佐藤英裕 写真 戦後日本写真にみる視覚の変容に関する一考察 −比較と形式分析の試み−  
二見志津雄 映画 スチール写真用超高感度フィルムの映画応用についての一考察  
写真 意識を越えて  
山田真知子 放送 素材と映像表現 −名作文学とその映像化−  
李 鎬山 映画 ある老人 −韓国女性の伝統−  
ページトップへ


平成8年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
呉 暁航 映画 デジタル時代における映像と人間 −視聴行為の新しい展開−  
松島聖子 放送 テレビ大衆文化論
−日本の美意識とテレビでうつした意識の記号論的関係考察−
 
李仙姫 放送 「卒業」−1995年  私は……−
【副論文】ドキュンメンタリー制作における演出のあり方
 
山田秀人 映画 偽眼のマドンナ
【副論文】“殺し屋映画”の作家 −大和屋竺論−
 
細川幹矢 映画 ジャン・ルノワールとヌーヴェル・ヴァーグ  
崔 銀玉 映画 恋のある国境
【副論文】テレビドラマの構成要素に関する研究
 
高己洪 放送 マルチメディアの発展がもたらす映像文化の変化  
Sierra Hector Manuel 映画 桜の森の満開の下
【副論文】寺山修司映像作品分析
 
李 相充 写真 地鏡
【副論文】時間と写真
 
映画 ハイビジョンによる新たな映像文化創造
−台湾と日本のハイビジョンの現状を例として−
 
押田聖弘 映画 画像合成処理技術のデジタル環境化への一考察
−及び光学とデジタルの画像合成研究報告−
 
徳田久嗣 映画 「東京ドミノス」「ジム・ジャームッシュの世界」
【副論文】電子出版・紙の向こうにあるもの
 
木村幸雄 映画 APACHE DANCE
【副論文】「APACHE DANCE」の制作を通して
 
林 焜煌 映画 老子、孔子思想から見た「男はつらいよ」シリーズの私論  
上村陽子 映画 シンディ・シャーアンのまなざし
【副論文】映像がつくるイメージの世界
 
竹内 幹 写真 テーマパーク
【副論文】非日常の時空間の創造 −テーマパークと写真−
 
川戸正嗣 写真 「田の神」と芳賀日出男  
中島古英 写真 慕息
【副論文】ポートレート私論 −風土と人間性−
 
黒田敏之 写真 遠い記憶Ⅱ −いざなう道−
【副論文】写真における記憶表現の可能性
 
王 雅アリス 映画 河を渡る
【副論文】近代中国映画の推移
 
吉田悦子 映画 インスタレーション『視考のために』
【副論文】視考の観察/映像の射程
 
中川 麗 写真 写真に見るアジア観 −藤原新也を中心に−  
山下 耕 放送 電車運転士
【副論文】自作「電車運転士」の創造理念と映像構成論
 
西村聖子 映画 モノクローム
【副論文】「モノクローム」のシナリオ制作について
 
松野岳雄 映画 宮崎映画 母なる物語  
杉本文司 写真 日本民俗建築の記録とその表現  
ページトップへ


平成9年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
映画 アニメーター宮崎駿の飛翔から着地まで  
広瀬 愛 映画 デレク・シャーマンの映画的手法に関する研究  
丁 杰 映画 憂鬱塵世
【副論文】「憂鬱塵世」における構想と制作について
 
金 榮敏 写真 都市の詩
【副論文】都市の詩
 
Miho Rini Setiawati 写真 BOTSNY
【副論文】BOTANY
 
高橋奈緒 放送 メディアリテラシー概念の包含する可能性とその取組をめぐる
現状・展望に関する一考察
−テレビメディアと市民の「対話」をめざして−
 
馮 建国 写真 西域旅路  
小泉元宣 写真 私軌−芦屋・神戸
【副論文】写真の物語性と私写真について
 
山本 哲 写真 cross over
【副論文】「cross over」デジタル時代の写真表現についての考察
 
依田さやか 放送 山田太一の女性像について  
杉山八重子 写真 「日々」から「生活」へ −牛腸茂雄と島尾伸三−  
大城俊郎 映画 王の墓、海
【副論文】映像における癒し効果についての考察
 
ページトップへ


平成10年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
小泉敦志 写真 デジタル画像処理システムの現状と未来像  
中山博敬 写真 空・瞬・彩
【副論文】空・瞬・彩
 
紙谷牧子 映画 日本映画における〈ホーム・ドラマ〉試論
−「定着」と「放浪」−
 
中村翼 映画 ホラフキー
【副論文】ビデオ万年筆
 
DZIEJA DOROTA 映画 ジャンル映画における因習とその超越
−日活時代の鈴木清順論−
 
映画 台湾映画で描かれた日本  
千 載 映画 Ander Bazinの映画理論に於いてのRealism  
放送 日本テレビCM表現における「動物」の役割に関する一考察  
李 容旭 映画 時・空1998
【副論文】デジタル環境における映像表現の可能性についての一考察
 
名川明宏 写真 イエメン 時の往来
【副論文】イエメン 時の往来
 
鈴木理恵 放送 テレビで見る「不良債権問題」  
写真 光と樹をめぐる時
【副論文】知覚認識の変化と時代性
 
鈴木智香子 映画 クシシュトフ・キェシロフスキ論  
李 法徹 映画 KOUSI HARMONY
【副論文】映像学的見地から見た韓国格子文様の研究
 
原田亜樹 写真 戦後日本写真史に関する一考察  
黄 瓊慧 放送 隣の林様
【副論文】テレビドラマにおける芸術性の探究
−「隣の林様」から考察し−
 
中川 馨 写真 大京光
【副論文】大京光
 
大井孝信 映画 雨が降ったら
【副論文】私の演出理念
 
曹 堅偉 映画 地域文化によるテレビCMの表現の差の研究  
佐々木正男 写真 Posterized Shrine Icons-Nrima-
【副論文】Posterized Shrine Icons-Nrima-
 
佐藤 亘 映画 TOKYO MESSENGER  
今道友昭 映画 異常/Abnormal
【副論文】異常
 
ページトップへ


平成11年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
裴 厦準 映画 映画の構成要素に関する考察とアルフレッド・ヒッチコックの演出  
映画 比岸と彼岸、その衰退と起伏
−フランス・日本・中国三国におけるヌーベルバーグ映画比較論−
 
Benjamin
Andrey Rotter
映画 City Boy 9min 30sec
【副論文】ヌーヴェル・ヴァーグの時代は再来する?
 
臼井直子 写真 FSAにおける写真活動とドキュメンタリー写真の考察
−ドロシア・ラングを軸として−
 
劉 元善 映画 テレホンカードのCF2本/韓国映画の基点とロード映画を通じて考える60年代〜90年代の韓国映画
【副論文】シナリオ「私の卒業」
 
安 洙旭 放送 Blue/1999 Teracotta 55,5×42
【副論文】「Blue/1999 Teracotta 55,5×42」の考察
 
孫 根洙 写真 pontraits(ストリートパフォーマ)
【副論文】ストリートパフォーマのポートレートを通じて見た個人存在と自由意識
 
沈 洙蓮 映画 自由になれる孤独
【副論文】能面とタルのアニメーション化における考察
 
宮下和雅子 映画 残り香
【副論文】映像と言葉 −その境界線−
 
津田路子 写真 「LIFE」とアメリカの夢  
山崎達璽 映画 三面夢姿繪 −みつおもてゆめのすがたえ−
【副論文】日本映画における様式美について
 
小田奈津子 写真 ダイアン・アーバスの作品における〈他者性〉の問題  
池口泰生 映画 レコンキスタ
【副論文】フィルムレコーディングについて
 
高井 真 映画 the Pattens of Perception
【副論文】表現におけるテクノロジー −コンピュータ時代の芸術−
 
山田祐子 映画 岡本喜八研究 −喜活劇をめぐって−  
牛田あや美 映画 クロス・ジャンルからの映画の可能性
【副論文】「プロスペローの本」を巡る一考察
 

放送 ブランド資産をつくる広告表現  
大偶智洋 写真 Distance for the South
【副論文】「撮影意図と映像表現としてのテーマ」についての考察
 
西貝雅人 写真 アジェ作品のモチーフと撮影方法の分析  
吉田郁美 写真 石元泰博に関する考察
−石元泰博の日本の写真界に於ける意義について−
 
前田 拓 映画 Time Machien
【副論文】アート表現としてのインターネットとは
−ビデオストリーミングを用いた新しい可能性−
 
金 恩卿 放送 日本放送文化開放において韓国ドラマを考える
−韓日ドラマ比較を通して−
 
洪 淑零 写真 印象の記憶 社子島(スゥヅーダォ)
【副論文】印象の記憶 −身近な風景について−
 
写真 BEHIND VIEW
【副論文】都市写真の展開と私、都市写真論
 
金 周一 写真 なぜ「私」を撮るのか
−現代セルフ・ポートレート写真に関する考察−
湯川制賞受賞
放送 広告の音・音楽に関する総合的研究  
島村元康 映画 映画前史に見る映画媒体の原初的特性  
ページトップへ


平成12年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
梁明淑 映画 映画「霞草が届くまで」報告書
【副論文】「霞草が届くまで」報告書
 
李賢美 映画 大島渚映画におけるマイノリティ像  
尾上太一 写真 北前紀行 日本海ニシンロード
【副論文】「北前紀行 日本海ニシンロード」制作意図と方法論・表現について
 
本田隆一 映画 16mm/mm劇映画「東京ハレンチ天国・さよならのブルース」
【副論文】「野良猫ロックにおける長谷部安春と藤田敏八の演出法」
 
金泰希 映画 「二等兵物語り」
【副論文】アートの記録
 
川島依里子 映画 地の果て−シルエトクにて−
【副論文】ロゴサントリスムからの解放と二次的記号作用にみる映像の自立性
 
宮本正樹 映画 「Famiy Lovers」
【副論文】「映画におけるデジタル編集の有効性」−編集体験に基づく私論−
 
竹島玉樹 映画 Bonin Islands〜島時間の中で〜
【副論文】ドキュメンタリー撮影における民生用デジタルビデオカメラの有用性
 
勝憶震 映画 伊丹十三論  
文智勇 放送 「KENNGAI」
【副論文】デジタル映画制作方式を利用したデジタル映画の可能性と未来−「ケンガイ」の事例を中心として−
湯川制賞受賞
黄国鈞 写真 古往今来−台湾建築の魅力
【副論文】古往今来
 
劉名楷 写真 客家風情−プラチナプリントによる制作−
【副論文】客家風情−プラチナプリントによる制作−
 
朱禧 映画 新生日韓大衆文化交流における映画が果たす文化的交流について
−日韓の原型を巡って−
湯川制賞受賞
張衛東 放送 中国におけるテレビCMの表現の現状と可能性  
写真 「原風景としてのソウル」
【副論文】「原風景としてのソウル」−低所得層住宅街を中心に−
 
黄鎔淳 映画 のぞき穴 a peephole
【副論文】「アヴァンギャルド映画と私」
 
柴岡信一郎 写真 土門拳 人と作品  
立石研士 映画 メディア 人に与える影響とその対策  
中村隆太郎 映画 タンバリボン
【副論文】映画という表現媒体における笑い
 
山田のりこ 放送 ザ介護人〜町の移動おふろ屋さん〜
【副論文】ザ介護人〜町の移動おふろ屋さん〜
 
溝部一郎 映画 シナリオ「水を得ぬ魚」
【副論文】シナリオ「水を得ぬ魚」に則して
 
田中俊彦 映画 シナリオ文学の研究  
木村倫子 映画 シナリオ「白夜のように」
【副論文】「シナリオについて思うこと」
 
島田毅 映画 映画と魔術  
井上友之 映画 映画俳優世紀−プドフキン映画俳優論からスタニスラフスキー・システムの影響−  
金志林 映画 Something
【副論文】創作・模倣・映画のリメークを例えとして芸術とは何かを考える
 
許銀英 放送 韓国における日本の大衆文化開放について  
ページトップへ


平成13年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
嘉悦基光 映画 HEN
【副論文】ラサ理論による映画音楽の表現
 
羅玄姫 写真 INNER VOICE
【副論文】視覚的再現の場においての主観的リアリティの可能性
 
写真 Anqkor Still Alive
【副論文】建築写真表現の地平をめぐる考察(アンコールワット遺跡を中心に)
 
朴麗玉 写真 ハンバツ(大田)・クレ 原風景 湯川制賞受賞
室橋祐子 写真 我々は見ているが、見えていない。
Even if we see something, we can't recognize everything
【副論文】認知心理学的自己作品考察
 
末積佐英子 写真 「ヴァリエテ」ヨーロピアンサーカスの記録1990〜2001年
【副論文】ヨーロピアンサーカス・その魅力について
 
盧美成 映画 映画が描くハイテクノロジーと人間  
許維庭 映画 日本映画に現れた在日韓国人像研究  
渡辺豊 映画 カミング・アウト・オブ・ザ・クローゼット
【副論文】伊丹十三監督作品における興行成績と作品構造の関係
 
池谷真 映画 CG映像表現に於ける現実感の一考察  
柴田都枝 映画 Passage
【副論文】拡張する映像
 
森川幸恵 映画 映像にみるフェミニズムの論考 −松竹女性映画からの分析−  
庭山貴裕 映画 断片化と反復
−ローベル・ブレッソンにおける<信>のヴィジョン−
湯川制賞受賞
森本純一郎 映画 映像概念の変容と拡張 −実写とアニメの融合−  
洪孟甄 放送
【副論文】テレビドラマにおける人に与える影響
−『夢』から考える音声表現とは−
 
金光燮 放送 韓日TRY2001−自分たちへの挑戦−  
S.L.セネヘディーラ 放送 彼のシベリア
【副論文】彼のシベリア
 
ページトップへ


■平成14年度映像芸術専攻修了者修士論文・作品・制作一覧
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
栗林 忍 映画 <作品>柔‐YAWARA‐、乙女っプ
<副論文>個人映画と商業映画についての考察‐大林宣彦研究‐
 
齋藤夕夏 映画 <作品>二千年の祭
<副論文>受け継がれるドキュメンタリー映画
 
金原慶子 写真 <論文>写真の類型化における形式とその意味作用  
鄭 媛 写真 <作品>「天使を失った羽V=SECRET GARDEN=」
<論文>「天使を失った羽V=SECRET GARDEN=」
 
徳田剛也 写真 <論文>記憶の表象と分有における課題と可能性  
平川啓子 写真 <作品>Berlin 2002
<副論文>作品「Berlin 2002」の制作における自己考察
 
兵頭喜貴 写真 <作品>ミナミとぼく、まーくんとサマンサ
<副論文>欲望と視覚
 
三木麻里 写真 <作品>祈り
<副論文>写真映像から考える「祈り」の本質
 
上村 渉 映画 <論文>小津安二郎‐「場所」と「近代」をめぐる考察  
百束朋浩 映画 <論文>映像メディアのケーススタディとしての増村映画が示すもの  
高城詠輝 映画 <論文>新藤兼人の作劇術‐映像と脚本と‐  
水野真亜沙 映画 <論文>アレクサンドル・ソクーロフの観点から解釈する映画作品研究に関しての一考察  
鈴木隆也 映画 <論文>ジャン=リュック・ゴダールにおける作家の位置  
若松英男 映画 <論文>現代映画への距離と境界による考察‐閉塞世界から新たな世界への生成‐  
佐藤正洋 放送 <論文>バブル崩壊後の日本のテレビコマーシャルに関する一考察‐「広告化社会」と「広告ブーム」の影響について  
高 可訓 放送 <作品>狭山の声
<副論文>トークショーにおけるキャラクターの役割
 
放送 <論文>文化や民族性に基づいた日本CM表現の研究  
高田泰典 放送 <論文>東京の物語、あるいは都市の風景の現在‐テレビドラマにおける<華の都>の相豹をめぐって‐  
高 栄一 放送 <論文>韓国テレビCMの表現における社会、時代性に関する研究  
李 佩穎 放送 <作品>台湾での日本の大衆文化ブーム
<副論文>台湾における日本の大衆文化ブーム
 
放送 <論文>中国放送事業の発展と変容の意義‐中国のテレビ事業を中心に放送事業の考察‐  
蔡 国平 放送 <作品>「平和の花、紫金草」
<副論文>ドキュメンタリーについての考察
 
ページトップへ


平成15年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
范 如苑 芸術学 <作品>消えぬ記憶,消える町
<副論文>消えぬ記憶,消える町
 
降幡 岳 芸術学 <論文>カラー写真プリントの歴史的変遷と現状  
桑原素美 芸術学 <作品>魔法瓶
<副論文>『魔法瓶』について〜クリシェ・ヴェール技法を使って〜
 
高 喜仙 芸術学 <作品>三多島の女
<副論文>三多島の女‐済州女性を通って見た済州島の精神
 
上松当銘アルバロ・マルティン 芸術学 <作品>TWO PLACES AT ONCE
<副論文>ファッションと音楽に関連するポートレートの研究
 
伊藤有紀 芸術学 <作品>バームクーヘン
<副論文>「表層」と「意味」をめぐるいくつかの考察〜「劇映画」を中心に〜
 
権 寧竽 芸術学 <論文>映画の錯覚  
清水文惠 芸術学 <論文>小津安二郎作品にみるユーモア-生誕100年における魅力の再考-  
水野満菜美 芸術学 <論文>再現と解体-寺山映画についての再考察-  
一ノ瀬晶 芸術学 <作品>橋が架かっている
<副論文>「切りとり」映画〜理論と方法
 
松田明佳 芸術学 <論文>ホラー映画と女性〜叫び声の背後から  
HERRERA IRENE CAROLINA 芸術学 <作品>GAIJIN NO HONNE
<副論文>ジャームッシュの様式
 
趙 少崙 芸術学 <論文>デジタル時代におけるセルアニメーション  
奇 廷修 芸術学 <論文>日本映画の産業的な活性化についての考察-韓国映画産業構造との比較による改善策を中心に  
? 相龍 芸術学 <作品>Dream‐ Dream-1, Dream-2,Dream-3, Dream-4
<副論文>実験映画の芸術的領域-複製芸術の視点に基づく研究私論‐
 
春日太一 芸術学 <論文>テレビ時代劇のプロデュース〜'90年代フジテレビ時代劇とプロデューサー・能村庸一の挑戦〜  
ページトップへ


平成16年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
玄 南姫 芸術学 <作品>光と影
<副論文>技法と作品
 
渡邉真里恵 芸術学 <作品>SLEEP
<副論文>「夢」に関する考察-平面芸術にみる夢表現-
 
張 峻榮 芸術学 <作品>曖昧金門
<副論文>金門島に関する歴史と現状調査及びパノラマ写真の表現に関する研究
 
野川かさね 芸術学 <作品>FAMILY ALBUM 1977−2004
<副論文>アルバムについての考察
 
中川裕美 芸術学 <論文>J.シャーカフスキーの写真キュレーション
-G.ウィノグランド評価に見る独自性
 
安 相荽 芸術学 <論文>デジタル時代の映像文化に関する考察  
張 若蘭 芸術学 <作品>記憶の奥
<副論文>現実時間と映画時間の研究
 
曾 鳳儀 芸術学 <作品>彼女
<副論文>映像作品「彼女」の中の自己を見つめて
 
侯 明 芸術学 <論文>映画の音声に関する研究と映画の表現  
任 舒剣 芸術学 <作品>北朝鮮の夏休み
<副論文>中国テレビドキュメンタリーの変化と資本のグローバル化における問題点
 
川島 剛 芸術学 <論文>神話としての映画-「小さな物語」の可能性  
山岡 健 芸術学 <作品>悪の華
<副論文>「悪の華」における「死生観」の演出
 
堀田多郎 芸術学 <論文>ビクトル・エリセ作品研究〜眼差しとスピリッツアルな発見  
荒牧夕子 芸術学 <作品>DOG FACE
<副論文>『DOG FACE』:映画で描く現代社会と心理
 
姜 景元 芸術学 <論文>テレビCMのビジュアルインパクトに関する一考察  
ページトップへ


平成17年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
李 芝涓 芸術学 <作品>地図から消された島
<副論文>地図から消された島−毒ガス島大久野島−
 
沈 明学 芸術学 <作品>中国東北部における日本人の足跡−旅順・大連・長春
<副論文>中国東北部における日本人の足跡−旅順・大連・長春
 
高 恩晶 芸術学 <作品>済州島の物語り
<副論文>生活空間の中で描く『済州島』の歴史と文化
 
南 均玩 芸術学 <作品>『movement』
<副論文>写真の記号学的考察と分析
 
林 典之 芸術学 <作品>Entertainment Photography
<副論文>エンターテインメント写真論
 
濱田宇宙 芸術学 <論文>『ハウルの動く城』試論−宮崎駿の由来−  
安 香穂里 芸術学 <論文>寺山修司論−構造主義と<父>の不在−  
齋藤裕子 芸術学 <作品>おもてを見る
<副論文>20世紀の皮膚と被服の関係について
 
高橋 文 芸術学 <論文>映画『独裁者』における音と台詞の必要性について  
池田奈津 芸術学 <論文>ヴェトナム戦争映画にみるアメリカの「敵」  
吉田千穂 芸術学 <作品>用意周到な彼女
<副論文>騙しの裏側
 
山賀大輔 芸術学 <作品>正義のMIKATA
<副論文>「間」の前景化−曖昧性に秘められたもの−
 
荒井龍二 芸術学 <論文>映画における脱構築的な音  
滝本亞魅子 芸術学 <作品>SEALS TOWER
<副論文>テレビ報道の今日的状況と諸問題に関する考察
 
畠山尚己 芸術学 <作品>「movement」
<副論文>オリジナル.タイプ.スタンダードの映画−プロデューサーの立場から捉えた21世紀映画論−
 
張 維娜 芸術学 <論文>中国第六世代映画についての考察−中国第六世代映画の音声創作と90年代新日本映画との比較  
朴 仁氾 芸術学 <作品><私>
<副論文>運動−イメージに対して<ベルグソンとドルルェズの映画美学>
 
BLANCO CLAUDIANNA 芸術学 <作品>Ryugakusei The Lives of Foreign Students in Tokyo
<副論文>Ryugakusei The Lives of Foreign Students in Tokyo 東京における外国人留学生の生活
Background Research and Results 背景の研究と結果
 
加藤伸崇 芸術学 <論文>脚本家・木皿泉の魅力の考察〜作品にみる日常性・非日常性〜  
陳 冬玉 芸術学 <論文>TVCMと音楽の相互関係  
ページトップへ


平成18年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
吉田康一 芸術学 <作品>わたしをおとした老人のものがたり
<副論文>作品に実存をぶつけろ
 
平野あゆみ 芸術学 <作品>トポフィリ〜長崎の記憶と記録〜
<副論文>トポフィリ〜長崎の記憶と記録〜
 
古川泰子 芸術学 <作品>月と赤いろうそく
<副論文>「月と赤いろうそく」制作に基づく研究私論
 
宮粼絵理佳 芸術学 <作品>tales of diary
<副論文>モノガタリと存在証明−もう一つの現実−
 
田中里実 芸術学 <作品>今昔−こんせき−
<副論文>「定点撮影法による写真表現とその技術検証について」
 
大澤友貴 芸術学 <論文>写真家石元泰博の作品と理論についての一考察−1966年シカゴ取材を中心に−  
LAIRET ANDREINA 芸術学 <作品>通勤空間−外国人が旅する東京−
<副論文>通勤空間−外国人が旅する東京−
 
林 孝輔 芸術学 <作品>distance
<副論文>ここではないどこか−写真と想像力−
 
若林宏明 芸術学 <論文>不在を欲望する映像−ウォーホル初期映画より導かれる映像論−  
宮本貴聡 芸術学 <論文>アニメーションとは−技術革新に伴う映像の変容−  
矢壁彰太 芸術学 <作品>油男と人魚
<副論文>クオリアを喚起させる映像についての一考察
 
北川 仁 芸術学 <作品>桜の骨
<副論文>なぜ「寄る」のか。なぜ「引く」のか。
 
李 青 芸術学 <論文>日本と韓国の恋愛ドラマのストーリー構造の相違−女性と社会の位置関係の視点から−  
松本明子 芸術学 <作品>「カノンの日」
<副論文>「カノンの日」
 
全 秀珍 芸術学 <論文>日本のテレビ・CMにおけるエンターテイメント性に関する一考察  
ページトップへ


平成19年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
小山季佳 芸術学 <作品>「The Pale Moon」
<副論文>「The Pale Moon」−私的体験による、身体と自然回帰への考察−
 
布川康平 芸術学 <作品>異なるイメージとその変化
<副論文>映像作品「異なるイメージとその変化」の制作に至る経緯について
 
古屋祐己 芸術学 <作品>思い出の中のふる里
<副論文>ふるさとの歴史、そして今〜写真表現について〜
 
久保田信也 芸術学 <論文>奈良原一高についての一考察−円のモチーフ−  
淺見友紀乃 芸術学 <作品>Minimal-liquid
<副論文>新しい写真表現の模索〜文化的変容における写真表現の可能性〜
 
REYES TOMAS 芸術学 <論文>ノンストップ:移住と捕われに関する一考察  
庄 哲 芸術学 <作品>上海スケッチ
<副論文>上海スケッチ
 
佐々木謙介 芸術学 <作品>「Empire of Sign」
<副論文>「Empire of Sign」
 
大田和扶美奈 芸術学 <論文>写真家エリオット・アーウィットの世界についての考察−プライベートの写真制作を中心に2つの世界を通して−  
大矢真梨子 芸術学 <作品>Panoramic museum
<副論文>パノラマについての考察
 
尹 珠瑛 芸術学 <論文>映画における日本のもののあわれと韓国の恨みの関係性  
渡邉大輔 芸術学 <論文>映画記号学における範列論的読解の理論的射程−クリスチャン・メッツ試論  
前山知弥 芸術学 <論文>映画におけるジプシー民族の表象  
玉田詠空 芸術学 <作品>WASTELAND やさしい嘘
<副論文>今後の映画制作プロセスとDIの可能性
 
金 先喜 芸術学 <作品>「欲望を育てる」
<副論文>人形アニメーション作家の川本喜八郎と岡本忠成の作品傾向の分析
 
傍島篤夫 芸術学 <作品>life sketch
<副論文>何を語るか、いかに語るか〜物語と映画的表現をめぐって〜
 
陳 孝先 芸術学 <作品>Exile Princess
<副論文>李安監督研究−「色・戒」の演出表現
 
林 優貴 芸術学 <作品>WASTELAND
<副論文>リアリティと映画独自の表現についての考察
 
金 度亨 芸術学 <作品>いま、ここから−朝鮮半島分断の地、北緯38度線からのメッセージ−
<副論文>デジタル時代のドキュメンタリー映画についての考察−私的ドキュメンタリー映画を巡って−
 
石井裕也 芸術学 <作品>ばけもの模様
<副論文>修士制作『ばけもの模様』の制作−自主映画の上手な作り方−
 
市原治郎 芸術学 <作品>結火目
<副論文>修士制作における8ミリフィルム
 
江原三郎 芸術学 <作品>ガール・スパークス
<副論文>「映画制作における情熱と魂−プロダクションへの展望」
 
茅原良平 芸術学 <作品>オーディオドラマ「マージナル」
<副論文>オーディオドラマ「マージナル」の制作にあたって
 
澤口明宏 芸術学 <作品>Hopes And Fears
<副論文>『Hopes And Fears』から現代的映像制作へ向けて
 
游 悠 芸術学 <論文>ファッション・ブランドの広告戦略について
−日本ではなぜTVCMを使わないのか
 
ページトップへ


平成20年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
武藤友真 芸術学 <論文>メディア・リテラシーへの回帰  
黒田 友 芸術学 <作品>世界の断片
<副論文>写真を用いたコラージュ表現の特徴
 
鈴木あゆみ 芸術学 <作品>翌日
<副論文>時間と思考
 
原 奈緒子 芸術学 <作品>...graph
<副論文>ピンホールカメラおよびリスプリントでの写真制作について
 
堀家美雪 芸術学 <作品>『 』という作品集
<副論文>演劇的視点と写真表現
 
池田芳美 芸術学 <作品>鏡の記憶—Remembrance
<副論文>鏡の記憶—Remembrance
 
打林 俊 芸術学 <論文>日本近代写真史における梅阪鶯里の位置をめぐって—「芸術写真」と「新興写真」の間で—  
新美志保 芸術学 <作品>まほろば
<副論文>「まほろば」についてのノート
 
崔 承菇 芸術学 <作品>小宇宙,SPACE
<副論文>デジタル時代の写真展示方法の多様性(展示企画案—本人作品を中心に)
 
尹 仁愛 芸術学 <作品>城郭の町
<副論文>韓国の古建築の撮影と記録
 
伊藤元気 芸術学 <作品>顔と靴
<副論文>タイポロジーを用いた作品<顔と靴>
 
川村智穂 芸術学 <論文>「男はつらいよ」における女性像  
北川 斉 芸術学 <作品>サラウンド
<副論文>「音響による空間演出について」
 
柴田 緑 芸術学 <論文>今村昌平における「棄民」の思想  
水野亜衣 芸術学 <作品>回遊魚の憂鬱
<副論文>創作活動におけるアニメーション映画と実写映画の比較研究
 
KAMINISHI ERICA 芸術学 <作品>IN(VERSES)WAYS
<副論文>IN(VERSES)WAYS—異種メディア間・言葉の間テクスト性
 
JABLONSKYTE MARTINA 芸術学 <作品>「人見」
<副論文>現実に囚われない解釈としてのドキュメンタリー
 
宣 相求 芸術学 <作品>美しすぎる一人の恋愛の仕方
<副論文>漫画を原作とした映画の演出方向について
 
李 孔尉 芸術学 <作品>好きだから
<副論文>映画の国境
「好きだから」の撮影現場から見た合作映画
 
藤森圭太郎 芸術学 <作品>「三色」(Sanshiki)
<副論文>「映画における舞台空間からのアプローチ」
 
郄橋伸彰 芸術学 <作品>地上からの観測
<副論文>今後の映画産業におけるデジタル撮影と上映システム
 
李 一河 芸術学 <作品>ROADMENTARY
<副論文>私的ドキュメンタリー映画と社会(ドキュメンタリー映画の様式的考察)
 
崔 聖民 芸術学 <作品>母の部屋
<副論文>韓国映画における家族・母性像に関する研究
 
呉 昊 芸術学 <作品>春2008
<副論文>修士作品≪春2008≫における時間と空間
 
ページトップへ


平成21年度修了者
氏名 専攻分野 修士論文等題目 備考
伊藤瑞恵 芸術学 <論文>黒沢清の映画におけるショットの変容
〜「ある視点」ショットによる新たな映画の可能性への追求〜
 
PARNASS ANAT 芸術学 <作品>新宿24時間
<副論文>写真による街の表現
 
李 姫政 芸術学 <作品>『K君の一日の休暇』
韓国の軍隊から出て来たK君の一日の休暇の物語
<副論文>『仮面の真実』—歴史の中の仮面の機能とその意味—
 
飛鳥井智代 芸術学 <作品>静寂
<副論文>自己作品からの発展
 
郄橋知由 芸術学 <論文>映画的物語における「回想」としての「映画中映画」について  
武田英樹 芸術学 <論文>寅さんはヒーローか〜ヒーロー再考〜  
卞 是丁 芸術学 <論文>日本映画に描かれた在日コリアンのイメージ研究
—『パッチギ!』を中心に—
 
鄭 美珠 芸術学 <作品>生まれ変わっても。
<副論文>『在日コリアン』と日本の社会
—「映画を通じてみた在日コリアンの過去と現在」—
 
田村順也 芸術学 <作品>イン・ザ・ミスト
<副論文>怪談映画の系譜と幽霊像の変化
—「四谷怪談映画」『雨月物語』『リング』をめぐって
 
芸術学 論文>日本と韓国間のテレビドラマ交流についての研究  
鮎澤領介 芸術学 <論文>テレビ局が作る映画—邦画を支えるテレビドラマの視聴者—  
浮ヶ谷紗織 芸術学 <論文>幼児向け番組の利用状況とその課題
—与えるテレビから寄り添うテレビへ—
 
姜スルギ 芸術学 <作品>「ボヌール」
<副論文>「ボヌール」への一歩
 
頃安祐良 芸術学 <作品>Goodnight bad Morning
<副論文>自主映画のエンターテイメント性
 
李 承勲 芸術学 <論文>リズム感形成における広告表現に関する研究—日本のCMを例にして—  
芸術学 <論文>中国におけるテレビ放送の発展—改革開放後の変容を中心に  
ページトップへ